固定電話の料金を123万円安くする方法【前編】

この記事の所要時間: 256

固定電話を安くしたい!

安くするには何をすればいいの?

固定電話が高くて困ります

まずは一般的な固定電話(NTT)をそのまま使い続けて節約する方法を紹介します。
後半では、回線変更を使って月額2,550円を500円に下げる方法を紹介します。500円にすれば50年で123万円の差が出ます。

請求書の郵送をやめて1,100円オフ

請求書を紙で送るのをやめてインターネットから見られるようにします。

この@ビリングというサービスは紙(資源)を使わないので、その分だけ固定電話料金を値引きしてくれます。

このサービスが使えるのは?

NTTから請求書がきている人です。
切り替えたい場合はスマホから申し込みができます。

割引の金額は?

月額110円の値引き、年間1,100円安くなります。さらに1分あたりの通話料も1円ほど値引きされます。

オプション解約で4,800円オフ

ナンバーディスプレイ

かけてきた相手の番号がわかる「ナンバーディスプレイ」は月額400円のオプション料金がかかります。このオプションを解約すると年間4,800円の節約です。

キャッチホン

通話中にかかってきた別の電話に出られる「キャッチホン」は月額300円。解約すると年間3,600円の節約です。

クレジット払いで1%値引き

支払い方法をクレジットカードにすることでカードの還元が受けられます。私が推奨している楽天カードだと料金の1%分がポイント還元されます。

毎月の支払いで自然とポイントが溜まるので、知らず知らずのうちに大きな買い物ができる額まで溜まっているかもしれません。

電話の使い分けで節約

通話相手によって「固定電話」と「携帯電話」の通話料が変わります。適切な電話からかけることで通話料を節約できます。

相手によって通話料はこんなに違う

固定電話の通話料を表にまとめました。

相手 料金(1分)
市内通話 2.8円
市外通話 13.3円
ドコモ携帯へ 16円
Au携帯へ 17.5円
ソフトバンク携帯へ 17.5円

固定電話から固定電話への通話料金(NTT公式)

固定電話同士だと通話料が安く済みます。
携帯には、ソフトバンク同士無料などのサービスを利用して携帯からかけたほうが安い場合があります。

固定電話解約で19,200円

毎月の基本料が1,600円なので年間19,200円の節約です。
携帯電話が普及したことで、固定電話をほとんど使っていないという家庭も多いはず。そのような場合は思い切って解約するのも一つの手です。

固定電話を解約すると困る?

想定されるのは以下の事項です。

携帯番号を知らせていない遠い親戚から電話がこない

→年賀状を使って連絡が可能
→こちらの携帯から電話をかけて新しい番号を知らせても良い

解約するとネットが使えなくなる?

光回線でもADSLでもネットは継続して使えます。
ただしADSLは固定電話とセット料金なので、電話だけ解約しても料金が安くなりません。

→光回線なら電話解約で安くなる

まとめ

以上が固定電話の料金を安くする方法でした。
固定電話の解約は難しい……というかたにも、@リビングやクレジットカード払いへの変更はすぐに出来るのでおすすめです。

後編はこちらです。