待機電力の多い家電ベスト12★コンセントを抜くといくら違う?節約金額まとめ

この記事の所要時間: 319

待機電力が1番多い家電は何?

コンセントを抜くといくら節約になるの?

待機電力の一覧を見たい!

そもそも待機電力って何?

コンセントプラグを挿しているとき、電源を切っていても消費する電力。
これが待機電力です。

家電には、待機電力を「使う家電」と「使わない家電」があります。

待機電力を使う家電の見分け方

次の3つに当てはまる家電は待機電力を使います。

スイッチをオフにしてもリモコンで反応する家電

→テレビやエアコン、DVDレコーダーなど

液晶画面がついている家電

→DVDレコーダー、ガスの給湯パネル、固定電話

主電源を切らない家電

→パソコン、インターホン

普段パソコンの電源を消すとき、

パソコンのスイッチ

こんなマークの書かれたボタンを押します。
これは主電源ではないので、コンセントを挿している間パソコンには電気が流れています。

パソコンの主電源は、

パソコン電源ユニット

こっちなので通常切られることはありません。

待機電力はいくらかかる?

経済産業省の報告書に書いてあるデータから計算しました。

待機電力だけで年間228kWhの電気が使われます。
これは全体消費電力の5.1%に相当します。
金額にすると……。

→年間:6,566円

※詳しくは待機時消費電力調査の報告書(PDF)にて218ページの報告書が読めます

次は待機電力の多い家電ベスト12(ワースト12)です。

洗濯機:12位

洗濯機の待機電力は0.03Wです。
1日:0.02円
→年間:7.5円

液晶テレビ:11位

テレビの待機電力は0.11Wです。
1日:0.07円
→年間:28円

電子レンジ:10位

電子レンジの待機電力は0.14Wです。
1日;0.09円
→年間:35円

トイレ:9位

トイレの待機電力は0.7Wです。(INAX)
1日:0.48円
→年間:176円

携帯スマホ充電器:8位

スマホ充電器の待機電力は0.82Wです。
1日:0.56円
→年間:207円

炊飯機:7位

炊飯機の待機電力は1Wです。
1日:0.69円
→年間:252円

パソコン:6位

パソコンの待機電力は1.22Wです。
1日;0.84円
→年間:308円

電話の子機:5位

子機の待機電力は1.28Wです。
1日:0.88円
→年間:323円

エアコン:4位

エアコンの待機電力は1.74Wです。
1日;1.2円
→年間:439円

DVDレコーダー:3位

DVDレコーダーの待機電力は1.95Wです。
1日:1.3円
→年間:492円

固定電話:2位

固定電話の待機電力は3.43Wです。
1日:2.3円
→年間:865円

ガス給湯器:1位

ガス給湯器の待機電力は6.88Wです。
1日;4.75円
→年間:1,735円

コンセントを抜く節約の危険性

コンセントを抜く効果

コンセントを抜くと、その家電の待機電力が0になります。

あまり節約にならない理由

気軽にコンセントが抜ける家電、電子レンジや炊飯機は最初から待機電力が低いですね。
逆に待機電力を使う家電は、固定電話や給湯器などコンセントを抜くわけにはいかないものばかりです。

こまめにコンセントを抜く手間ばかりかかって節約の効果は低いです。

コンセントを抜く節約が危険な理由

東京消防庁のサイトによると火災の中で、コンセントやコードが原因のものは年間100件以上あります。

コンセントを頻繁に抜き差しすると、プラグやケーブルが劣化して火災の原因になります。

私の体験談

ノートパソコンのケーブルがショートして火が出ました。ノートPCは何度も抜き差しするのでケーブルが痛み、接触が悪くなっていました。火事にはならなかったものの、一歩間違えば大変な事故が起きていたでしょう。

それ以来、劣化したケーブルは取り替えるようにし、コンセントの抜き差しはできるだけしないようにしています。

スポンサーリンク

シェアする