冷房代が節約になる温度設定は28度ではない【電気代の一覧表】

エアコンの電気代について解説します。

「冷房代を節約したい」「27度、28度、29度の温度ごとの電気代を知りたい」という人向けです。

後半からは7つの節約テクニックも紹介しています。

エアコン電気代の一覧表

設定温度1時間8時間30日
26度17.28円138円4140円
27度14.25円114円3420円
28度11.23円90円2700円
29度9.2円74円2220円

※電気代単価……1kw:28.8円で計算

エアコンの電気代は、4つの組み合わせで決まります。

  • エアコン性能
  • 外気温
  • 住んでる地域
  • 契約した電気の単価

なので、上記の表は設定温度ごとの電気代の目安になります。

つけっぱなしの電気代

今度は24時間つけっぱなしにした場合です。

設定温度24時間24×30日
26度415円12450円
27度342円10260円
28度269円8070円
29度220円6600円

冷房の電気代は気温で決まる

電気代を大きく左右するのが外の気温です。

ある日の実験データ

初夏の気温で実験したデータを元に電気代を算出しました。
1日で8時間クーラーを使った場合です。

最高気温が24度以下の日

  • 27度:54円
  • 28度:41円
  • 29度:28円

最高気温が25度以上の日

  • 26度:105円
  • 27度:86円
  • 28度:68円

設定温度が同じでも、外の気温によって料金が変わっています。

タイミングで電気代が変化する

エアコン冷房は、その瞬間、瞬間によって消費電力が違います。

  • 起動直後
  • 15分後
  • 30分後

計測タイミングで電気代が変わります。

冷房を節約する温度は28度ではない

実は、28度設定と節約は関係ありません。

28度というのは環境省が決めた数字です。
これは、二酸化炭素を減らすための設定です。

節約できる温度を決めたわけじゃないんです。

節約できる温度設定は?

外の気温に近い温度に設定すると、電気代を節約できます。

猛暑日(気温が35度以上)なら
→30度くらいまで上げないと電気代は下がらない

気温が29度なら
→28度設定でも電気代が安くなる

エアコン冷房の節約テクニック7

1.設定をオートにする

オートは自動的に「弱」と「強」を使い分けてくれます。
最も効率よく部屋を冷やせます。

※最近のエアコンは賢いので効果的です

2.風の方向を上向きにする

冷たい空気は、上から下に向かって落ちます。

風を上向きにすると、部屋全体を冷やせます。

3.エアコンの前に5分だけ扇風機をつける

  1. 扇風機をつける
  2. 窓の外に向かって風を送る
  3. 室内の空気を外に逃がす

これをやると、エアコン起動時の消費電力を抑えられます。

4.室外機に日除けパネルを乗せる

室外機に直射日光を当てないようにします。室外機が冷えると電気代が安くなります。

5.室外機の出口を塞がない

室外機の周りにものを置かないようにします。

室外機は、熱を外に排出する機械だからです。
出口を塞ぐと、熱を排出できなくなり、クーラー代が跳ね上がります。

日除けパネルを上に被せるだけにし、周りを囲わないようにしましょう。

6.「弱冷房除湿モード」を使う

エアコンのモードを変えると、電気代を安くできます。

弱冷房除湿安い
冷房普通
再熱除湿高い

「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の見分け方は次のページでまとめました。

7.冷やすグッズを使う

以下のようなグッズを使い、エアコンの使用頻度を減らします。

  1. 保冷剤
  2. 冷えピタ
  3. 冷却タオル

冷却タオルはおすすめです。

水に濡らすだけで何度もでもえて、冷たさが長く続きます。

※冷却タオル……気化熱(水分が蒸発するときに気温を下げる)の仕組みを使ったタオルです

以上、エアコンの設定温度と電気代の関係でした。冷房の電気代を安くしたいときの参考にしてみてください。