百均で絶対買ってはいけないものリスト

この記事の所要時間: 29

食器からレジャー用具まで、日用品が何でも揃う勢いの100円ショップですが、安く買っても損する商品もあります。

せっかく100円で買っても使えなければ意味がない。
そんな商品をリストアップしていきます。

1.イヤフォン

百均のイヤフォンに関しては、使えないナンバー1認定をしたいくらい音質が悪いです。
昭和のラジオ感を楽しみたい人以外は、買わないほうが吉です。

※私が買ったのは10年前なので今は多少改善されている可能性はあります

2.ボールペン

百均のボールペンは10本セットで100円というように、かなり太っ腹なセットなのですが、品質があまり良くありません。
私が買ったときは非常に悪かったです。

書き始めの時点で、文字がかすれていました。
平成と書こうとして、の時点でかすれます。

せっかく10本あるので取り替えながら使いました。

ボールペン10本がかりで、最終的に書けたのは平成の2文字です。

3.お菓子

スーパーの中に入っている百均で、美味しそうなお菓子を発見!
我慢できずに、105円で買ってしまいました。

そのあとスーパーで買い物をしていると……。
さっき買ったお菓子が税込み98円で売っています。

さっき105円で買ったやつです!

4.パンツ

緊急時(!?)に、百均でパンツを買いました。
吸水性が悪く、速乾素材とは逆の感じです。

履き心地もイマイチでした。
それ以来、百均でパンツを買うのは緊急時(!?)だけにしています。

食料品全般

お菓子のところで触れましたが、食料品はスーパーで買ったほうが安いことも多いです。調味料なんかも、スーパーで大容量パックを買ったほうがお得です。

電化製品にも注意

電化製品はけっこう精密に作られていて、少しのことで故障してしまいます。百均のものはコストを削減しているので、故障率も高いようです。

電化製品ではないですが、置き時計も壊れやすかったです。

口の中に入れるもの

2012年のニュースで以下のようなものがありました。

シリコン製の調理用品・乳児用おしゃぶりから、発がん性物質(ホルムアルデヒド)が溶け出していた。

製品24点のうち、22点に問題あり。
そのうち21点は中国製、残り1点が日本製。

日本製のおしゃぶりからも発がん性物質が検出された事件です。
これ以来、口の中に入れるものは百均で買わないようにしています。

何でも百均に頼ることが節約とは限りません。
安く買って結果的に損することのないよう百均を上手く使っていきたいですね。